土地家屋調査士試験の独学や講座、難易度・合格率から測量士補まで研究する総合情報サイト。スマホで作れる地積測量図などいろんな方法で受験生を応援します

証明写真を安くきれいに作る裏技。30円で24時間いつでもコンビニプリント。

証明写真

スポンサーリンク

証明写真を安くきれいに作る裏技

証明写真ボックスで写真を撮ると700円ほどかかりますが、実は無料ソフトを利用すれば24時間いつでも30円で自分の気に入った画像を証明写真にすることができます。履歴書やパスポート、免許証などいろいろな機会でも利用することができます。土地家屋調査士の受験申し込みの際にもぜひ利用してみてください。

用意するもの

最終的にデジカメプリントができるコンビニ(セブンイレブン等)に行く必要があります。用意しなければならないものは以下のとおりです。

・デジカメ等で撮った写真画像(顔の周りに一定のスペースが必要)
・証明写真をつくろう!フリー版(無料ソフト)
・USBメモリ、SDカードなどの記録媒体
・30円


まずは写真画像を用意しよう

白い壁の前で撮影します。自分の影が写らないよう、壁から少し離れて撮影しましょう。履歴書の場合は、上半身だけでもスーツを着て撮影すべきです。あとでソフトを使って加工するので、ここで必要以上にアップにする必要はありません。
今回準備した画像はこちら↓。

証明写真画像


証明写真をつくろう!フリー版をインストールしよう

下記リンクより証明写真をつくろう!フリー版をダウンロードしてインストールしましょう。
証明写真をつくろう!フリー版

証明写真をつくろう!

インストールが終わったらアイコンをクリックします。

証明写真をつくろう1

準備した写真画像を「ファイル選択」で読み込みます。用途に合わせて「写真サイズの選択」を行います。土地家屋調査士の受験申し込みのための証明写真は縦5センチ、横5センチという指定があるので「ビザ」サイズを選択します。


証明写真をつくろう2

通常の証明写真の場合は「オートトリミング」を選択し、顔の中心、頭の上限下限を選択します(なお、「パスポートトリミング」で範囲選択すると顔のアップになります。)。土地家屋調査士の受験申し込みの場合も「上半身が写っているもの」という指定がありますので「オートトリミング」により範囲を指定します。

範囲の指定が終わったら、左下の「証明写真の出力」の「ファイルの保存」により加工したファイルを保存します。USBメモリなどの記録媒体に保存して、セブンイレブンなどのコンビニに持っていきます。

コンビニでデジカメプリントしよう

コンビニに持ち込んで30円の「デジカメプリント」により印刷します。画像を加工済みなのでデジカメプリントにより適切なサイズで印刷されます。200円の証明写真サイズプリント」を間違えて選択しないよう注意しましょう。
セブンイレブンのデジカメプリント案内

セブンイレブンのデジカメプリント操作方法

注意事項

セブンイレブンのデジカメプリントの場合、「美肌」ボタンにより美肌補正ができますが、免許やパスポートなど公的な利用の場合は画像への補正処理が認められない場合があるので、用途によって使い分けましょう。

また、USBメモリなどの記録媒体は、作業が終わったら忘れずにコンビニから持って帰ってきましょう。



スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク