土地家屋調査士試験の独学や講座、難易度・合格率から測量士補まで研究する総合情報サイト。スマホで作れる地積測量図などいろんな方法で受験生を応援します

土地家屋調査士法(登録、15条)【穴埋め問題】


スポンサーリンク

(登録の取消し)
第十五条
 調査士が次の各号のいずれかに該当する場合には、調査士会連合会は、その登録を取り消さなければならない。
一  その業務を廃止したとき。
二  死亡したとき。
三  調査士となる資格を有しないことが判明したとき。
四  第五条各号のいずれかに該当するに至ったとき。
2  調査士が前項各号に該当することとなったときは、その者又はその法定代理人若しくは相続人は、遅滞なく、当該調査士が所属し、又は所属していた調査士会を経由して、調査士会連合会にその旨を届け出なければならない。

問題  解答  逆暗記

登録の拒否と区別しましょう。ここでは取消しのなかでも、絶対に取り消さなければならない事項が列挙されています(必要的取消事由)。
「業務の廃止」「死亡」「調査士となる資格」「欠格事由」の4つです。


スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク