土地家屋調査士試験の独学や講座、難易度・合格率から測量士補まで研究する総合情報サイト。スマホで作れる地積測量図などいろんな方法で受験生を応援します

土地家屋調査士受験に特化された六法。『調査士受験必携六法』(東京法経学院)

読書

スポンサーリンク

調査士受験に特化された六法

調査士受験用の六法といえば『調査士受験必携六法』(東京法経学院)です。試験の論点となる先例、判例、通達等も記載されています。民法、区分所有法、不動産登記法関連、登録免許税法、土地家屋調査士法、先例、通達、判例にインデックスを貼って利用しましょう。
⇒ 調査士受験必携六法

六法は絶対に必要

六法をどれくらいの頻度で利用するのかは、それぞれの勉強のスタイルにもよると思いますが、いずれにしても六法は絶対に必要です。問題集の解説が理解し難い場合に、記載されている条文番号をたどって六法を引けば、一気に疑問点が解決する場合が多くあります。
また、基本テキストは六法の内容を意訳してわかりやすくしていますが、意訳しすぎて、誤解を生みやすい記述になっている場合がごくまれにあります。条文にたち返って判断できるようになりましょう。

毎年改訂される

マーカー等で自分流になじんでくると手放すのが惜しくなり、新板を購入せずに頑張る方もいるようです。大きな法改正が無いのであれば旧版を使い続けるのもありと思いますが、変なところでケチッて大怪我するくらいなら、新板が出たときに買い替えましょう。毎年進化を続け先例も追加されています。
⇒ 調査士受験必携六法


スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク