土地家屋調査士試験の独学や講座、難易度・合格率から測量士補まで研究する総合情報サイト。スマホで作れる地積測量図などいろんな方法で受験生を応援します

カテゴリー:学習方法の検討

土地家屋調査士受験で絶対に知っておくべき申請書の基本的なことを集めてみた

申請書

申請書の基本的なことを理解すれば未知の問題にも対応できる 案件ごとに申請書の様式を覚えていく方が多いと思いますが、申請書を書くにあたって基本的なことを理解すれば覚えるのも楽になるし忘れにくくなります。平成26年度本試験では、建物の書式で通…

詳細を見る

省エネで測量士補に合格する方法を考えてみた

surveyor-585463_640

測量士補試験について 土地家屋調査士試験は午前の部の免除を受けるのが常識となっており、免除資格を持っていない場合は測量士補をまず合格する必要があります。測量士補は最短・確実に合格し、大事な時間を調査士の勉強に使うべきです。測量士補…

詳細を見る

土地家屋調査士の複素数を10分でマスターしよう。これで戦える。カシオ編

複素数

そもそも複素数って何? 数学的な言葉の意味を理解する必要は全くありません。ひとことで言うと、符号を付すことでx座標とy座標を同時に電卓に記憶させ、座標や辺長、面積を簡単に計算する受験上のテクニックです。あくまで受験上のテクニックなので、実…

詳細を見る

知らないと損する。土地家屋調査士の択一「逃げ切り点」は合格への最短ルートだった

択一マークシート

そもそも「逃げ切り」ってなに? ひらたく言うと、択一が高得点だと、あとは書式の足切りクリアーするだけで合格する状態のことを言います。平成26年度本試験(午後の部)場合、筆記試験の総合合格点は満点100点中74.5点以上です。このう…

詳細を見る