土地家屋調査士試験の独学や講座、難易度・合格率から測量士補まで研究する総合情報サイト。スマホで作れる地積測量図などいろんな方法で受験生を応援します

カテゴリー:学習方法の検討

0.5点で泣かないために。土地家屋調査士法の重要ポイントを総復習しよう

赤ちゃん

わずかな総得点差で不合格になる人は、実は多い 平成26年度本試験において合格得点は74.5点でしたが、あと択一1問分(2.5点)を上乗せしたら合格できた人はなんと130人近くもいました。 74.0点 18人 73.5点 32人 73…

詳細を見る

測量士補を短期の勉強時間で合格する方法。5月に入ってからでも十分間に合う。

頑張る男

まだあきらめてはいけない、いまからでも間に合う 測量士補の受験を申し込んだものの、なかなか勉強に手をつけられていないという方も多いのではないでしょうか。一般的に測量士補の難易度は簡単な部類に位置づけられていますが、土地家屋調査士に合格した…

詳細を見る

コスパ最強のジョギングシューズ「ロードジョグ7」で勉強の体力づくりをしよう

ジョギング

事業主は体が資本 勉強をする上で健康が重要なのは当たり前ですが、開業して一国一城の主となった場合には、健康を害すると信用を失って死活問題となります。日頃から12時前に寝る、朝食を取るなどの規則正しい生活を継続することはもちろんのこと、適度…

詳細を見る

土地家屋調査士の答練と模試を最大限活用して合格をたぐり寄せる方法

答練

答練と模試を効果的に消化するために必要なこと 例年4月から7月中旬頃にかけて答練が本格的に行われます。毎週末に1回行われる答練の復習に追われて、なかなか勉強が進まないという方も多いのではないでしょうか。そこで、答練や模試を有効に使うための…

詳細を見る

『土地家屋調査士 敷地権と区分所有法 すっきり!まるわかりゼミ』で敷地権を攻略しよう

敷地権と区分所有法

敷地権の理解なくして土地家屋調査士合格はない 土地家屋調査士試験の合格には敷地権に関する正確な理解が欠かせません。 択一対策として 択一においては、敷地権がらみの問題は長文化する傾向があり、理解が不十分であると読解にも時間がかかるし得…

詳細を見る

データで明らかになる土地家屋調査士受験。択一が超重要である理由。

択一命

法務省発表の得点別員数表を分析してみた 毎年、本試験終了後に法務省のサイトにおいて択一、書式、総合得点の得点別員数表が発表されます。せっかくデータが公表されているので分析してみました。⇒ 法務省-土地家屋調査士試験 逃切り人数の…

詳細を見る

土地家屋調査士試験の書式でよくある疑問点について考えてみた

質問に答える女性

基本的な方針について書式の勉強をしていると、他の受験生はどうしているのだろうと疑問に思う点がいくつも出てくるものです。そこで、よくある疑問点について考えてみました。迷ったら書くほうが後悔は少ない 書式は減点方式であると言わ…

詳細を見る

土地家屋調査士の複素数を10分でマスターしよう。キヤノンF-789SG編

F-789SG

この電卓を使おう! 電卓の機種はキヤノンのF-789SG(現行機種)を想定しています。F-789SGの特長として、3つ挙げられます メモリー数が多い(F-789SGは19個。casioは9個です) 比較的安価である カシオと操…

詳細を見る

土地家屋調査士受験の理想的な解答の順番と時間配分を考えてみた

時間配分

解答の順番は「択一 ⇒ 建物 ⇒ 土地」が多い 受験生の中では、問題に取り組む順番を択一 ⇒ 建物 ⇒ 土地とする方が多いようです。これは、伝統的に書式の問題の中では建物の方が簡単なことが多く、点数を稼ぎやすいためです。 平成25年度と…

詳細を見る

集中力を驚異的に高める25分勉強法で効率を上げよう

砂時計

25分勉強法とは 一般的にポモドーロ・テクニックと呼ばれている勉強法です。ポモドーロとはイタリア語でトマトを意味し、発見者がトマト型のタイマーを使用していたことから名付けられたそうです。 25分勉強法とは、勉強の1セットを25分と定め、…

詳細を見る