土地家屋調査士試験の独学や講座、難易度・合格率から測量士補まで研究する総合情報サイト。スマホで作れる地積測量図などいろんな方法で受験生を応援します

アーカイブ:2015年 1月

土地家屋調査士の難易度と合格率。合格への道のりを把握しよう

難易度と合格率

土地家屋調査士試験について 土地家屋調査士になるには試験に合格して登録を受けなければなりません。試験には受験要件がなく、誰でも受験することができます。試験は筆記試験(午前の部、午後の部)、口述試験によって構成されています。午前の部…

詳細を見る

『申請マニュアル』の重要様式を抽出して勉強法を検討してみた(土地家屋調査士受験)

申請マニュアル

申請書は時間をロスしやすい 受験生のレベルによって解答時間の差が出やすいのが申請書の記載です。初学者は悩みながら記述していくのに対して、合格レベルの受験生になるとほとんど考えこまずに(むしろ次のことを考えながら)ペンが動き続けている状態に…

詳細を見る

知らないと損する。土地家屋調査士の択一「逃げ切り点」は合格への最短ルートだった

択一マークシート

そもそも「逃げ切り」ってなに? ひらたく言うと、択一が高得点だと、あとは書式の足切りクリアーするだけで合格する状態のことを言います。平成26年度本試験(午後の部)場合、筆記試験の総合合格点は満点100点中74.5点以上です。このう…

詳細を見る

合格後も手元に。『地目認定』『建物認定』(土地家屋調査士受験)

建物認定

『地目認定』と『建物認定』 テキストと同等レベルに重要な本です。どちらかと言うと建物認定のほうが利用度は高いですが、実務でも有用な本なので、ここは必要経費と考えて両方買いましょう。一般の書店では販売しておらず、民事法務協会のサイトから購入…

詳細を見る

おすすめ文房具:三角スケール編

ステッドラー三角スケール

三角スケールは必ず使う 三角スケールは長さを測る用具で、精度の確認に使用します。線を引く用具ではありません。必ず1/250と1/500のある調査士用のものを買いましょう。建築士用のものを買ってはいけません。 最高の精度のものを 調査士…

詳細を見る

おすすめ文房具:コンパス編

コンパス

必要となる場合 土地の書式問題では、少なくとも図面だけは完成させないと、合格ラインにのってこないと言われています。全ての座標を算出してから図面の作成に移るのが一番いいのですが、座標値を求める時間が足りなかったり、算出方法がわからない場合で…

詳細を見る