土地家屋調査士試験の独学や講座、難易度・合格率から測量士補まで研究する総合情報サイト。スマホで作れる地積測量図などいろんな方法で受験生を応援します

タグ:複素数

『土地家屋調査士試験のための関数電卓パーフェクトガイド』で基本操作を確認しよう

土地家屋調査士試験のための関数電卓パーフェクトガイド

本書の特徴 調査士受験生は避けては通れない関数電卓をマスターするための書籍です。関数電卓の基本的な使い方から複素数まで記載されています。関数電卓に付いている説明書はなかなか読みづらいものがありますが、この本なら比較的簡単に読み進められるの…

詳細を見る

土地家屋調査士の複素数を10分でマスターしよう。キヤノンF-789SG編

F-789SG

この電卓を使おう! 電卓の機種はキヤノンのF-789SG(現行機種)を想定しています。F-789SGの特長として、3つ挙げられます メモリー数が多い(F-789SGは19個。casioは9個です) 比較的安価である カシオと操…

詳細を見る

土地家屋調査士の複素数を10分でマスターしよう。これで戦える。カシオ編

複素数

そもそも複素数って何? 数学的な言葉の意味を理解する必要は全くありません。ひとことで言うと、符号を付すことでx座標とy座標を同時に電卓に記憶させ、座標や辺長、面積を簡単に計算する受験上のテクニックです。あくまで受験上のテクニックなので、実…

詳細を見る