土地家屋調査士試験の独学や講座、難易度・合格率から測量士補まで研究する総合情報サイト。スマホで作れる地積測量図などいろんな方法で受験生を応援します

現場での寒さ対策。真冬を快適に乗り越えるおすすめインナー

BURTLE

スポンサーリンク

真冬の現場は過酷だ

真冬の現場は本当に本当に寒くて過酷です。測量業務というものは、さほど体を動かすわけでもなく、同じ場所に突っ立っていないといけないことが多いため、体の芯から冷え切ってしまいます。雨や雪が降ってきたときには機械を動かす手の感覚がなくなってしまうことさえあります。

そこで私は、少しでも快適に真冬を乗り越えようとこれまで高価なものから定番商品までいろいろなインナーを試してきましたが、一つの結論に達しました。

インナーウェアに要求される性能

過酷な現場作業ですから、屋内のみで働く場合とは違った性能が必要です。そこでとりあえず要求される性能を挙げていきましょう。

防風性、保温性があること

寒さ対策にはなんといっても風を通さないことと、保温性が重要です。直接肌と空気が接しないようなピタッとした「コンプレッションタイプ」のインナーウェアがいいでしょう。

動きやすいこと

ストレッチ性があり動きやすいことは重要です。とりわけ測量の場合は、細いすき間を通り抜ける必要が生じる場合もあり、着ぶくれしないで動きやすいことが重要です。

吸汗性、速乾性があること

土地家屋調査士の現場は、コンクリートを削ったり、穴を掘ったりと、ときに重労働を伴う場合もあります。そこで大量の汗をかいたときに素早く吸い取って乾燥する素材が望ましいです。

なお、最近流行りの発熱素材のものは、暑くて汗をかいた時にさらに暑くなるという悪循環が発生するように感じたので重労働には向かないと判断して私は避けています。

消臭性能があること

土地家屋調査士の特徴として、現場での外業だけでなく、机に座っての内業や、役所回りなどの業務があります。着替えればいいのですが、そうは行かない場合も多々あります。

自分では気づかないけど「くさい人」と思われないためにも、消臭性能がついているものが望ましいでしょう。

安いこと

洗い替えも考えると少なくとも2着は必要です。基本的に人に見られるようなものではなく「肌着」なので、超有名ブランドのものを着る必要はありません。同じような性能であれば、できるだけ安いものが望ましいのは言うまでもありません。

バートル ホットコンプレッション(秋冬用)にたどり着いた

これまでユニクロのヒートテックや極暖、ベルメゾンのホットコットやアンダーアーマーのヒートギアなどいろいろなものを試してきましたが、土地家屋調査士業務を行ううえではバートル ホットコンプレッション(秋冬用)が最適であるという結論に達しました。

BURTLE(バートル)というのは、作業服など、仕事のための機能服を開発している会社です。やはり餅は餅屋というべきか、その道を追求した会社だからこそ現場作業に要求される性能を高次元で満たしており、なおかつ安価です。

実は日常でのインナーウェアとしても超実用的

内業と外業が混在する土地家屋調査士業務で快適だということは、日常のインドアでもアウトドアでも圧倒的に快適だということです。

冬であれば上に着込むのでインナーに何を着ているのは他人には分かりません。あまりにも快適すぎて、いつのまにか仕事だけでなくプライベートでも常用することになるでしょう。


BURTLE バートル ホットコンプレッション(秋冬用) 4012 ストームグレー

posted with カエレバ



スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク