土地家屋調査士試験の独学や講座、難易度・合格率から測量士補まで研究する総合情報サイト。スマホで作れる地積測量図などいろんな方法で受験生を応援します

おすすめ文房具:書式(土地)のペン編

スラリ

スポンサーリンク

書式(土地)はボールペンを使おう!

「ペン」とひとくちに言っても、ボールペンとサインペンがあります。書式問題(土地)を解くには筆圧に強く、ボタ落ちしにくいボールペンが適しています。私が使用していたのはゼブラのスラリ0.5mmです。油性のしっかりした手ごたえと、ジェル(水性)のサラサラした軽さを兼ね備えたエマルジョンインクで、かすれずきれいに描くことができます。

土地は下書きせずに時間短縮!

土地の図面は比較的単純で、鉛筆で下書きする意味はあまりありません。下書きを省略することで、下書きする時間と、消しゴムで消す時間を節約できます。
いきなり清書するコツとしては、線を引こうとする終点をグッと押し込んで紙をへこませておいて、始点から線を引くことでオーバーランを防ぎます。このような使い方をするため、筆圧に強く、ボタ落ちしにくいスラリがおすすめなのです。

スラリ

長所:書き始めのかすれがない。安い。

かすれが生じにくいため、均一できれいな線を描きやすい。ボールペンは精密機械という話もあるように、明らかに当たり外れがあります(このペンに限らず)。安いので何本か買って、しっくりくるのを選んで試験に臨みましょう。軸色が数種類あるので当たり外れを見定めるのに便利です。

短所:やや乾きにくい

なるべく線を描いた直後に消しゴムで消すのは避けましょう。また、長文を書くには少し滑りが重たい印象です。


ゼブラ 油性ボールペン スラリ 0.5 P-BNS11-BK5 黒 5本

posted with カエレバ




スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク