土地家屋調査士試験の独学や講座、難易度・合格率から測量士補まで研究する総合情報サイト。スマホで作れる地積測量図などいろんな方法で受験生を応援します

択一の解答時間を短縮する方法。ぺんてる マークシート用シャープセット

マークシート用シャーペン

スポンサーリンク

マークシート専用の文房具を活用すれば解答時間を短縮できる

マークシートで解答時間を短縮するおすすめ文房具が、ぺんてるから出たマークシート用シャープセットです。

【セット内容】
マークシート用シャープペンシル
マークシート用消しゴム
マークシート用替芯4本入り(HB)

通常のシャープペンシルといえば0.5ミリだと思いますが、このシャープペンシルはなんと1.3ミリもあり、目に見えてマークシートの解答が早くなります

マークシート用シャーペン

多くの受験生は鉛筆(シャープペンシル)を持ち替えている

多少マークシートが早くなったところで、持ち替える時間がもったいないと思う方もいるかもしれませんが、持ち替える時間といってもほんの2、3秒です。

また、書式問題の下書きをする際には、精度を確保するため0.3ミリの細いシャープペンシルを利用している人が多いですが、そういう人は択一のマークシートを塗りつぶす際にはこの細いシャープペンシルでは非常に効率が悪いため、他の一般用の鉛筆やシャープペンシルに持ち替えていることでしょう。どうせ持ち替えるのであれば、マークシート専用の文房具に持ち替えて、有利に試験を進めちゃいましょう。

マークシート用シャーペン

メリット

鉛筆では削りたてでは細すぎるし、使っているうちに太くなりすぎます。太さが一定でないとマークシートミスの危険もアップします。そのため、これまでは鉛筆であれば数本準備する必要がありました。その点、シャープペンシルであれば常に一定の太さの芯が保ち続けられるので明らかに鉛筆より有利です。
また、芯が太いため筆圧が伝わりにくく用紙がへこまないため、間違った時でも消しゴムで綺麗に消すことができます。

デメリット

さすがに1.3ミリもあると、文字は書きにくいですが、択一試験中に文字を書く機会はあまりないと思うので問題ないでしょう。あくまで択一用と割りきって、書式ではシャープペンシルを持ち替えましょう。

替芯が4本しかありません。替芯のみ購入することも可能ですが一般のお店ではなかなか入手しづらい特殊な芯です。択一のみの利用なのであまり減ることはありませんが、移動の際にはボキボキに折れることがないよう筆箱に入れて大事に扱いましょう。


ぺんてる マークシートセット ネイビー XAM113ST-C

posted with カエレバ


※ 受験案内に記載の「鉛筆」の中にシャープペンシルが含まれるのかは不明です。持ち込み可能な文房具類も変更が加えられる場合等があり、本サイトで紹介されているからといって必ず認められるというものではありません。受験案内をご自身で必ず確認し、法務省及び試験官の指示に従ってください。


スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク