土地家屋調査士試験の独学や講座、難易度・合格率から測量士補まで研究する総合情報サイト。スマホで作れる地積測量図などいろんな方法で受験生を応援します

アーカイブ:2014年 12月

土地家屋調査士法(懲戒、44条)【穴埋め問題】

109

(懲戒の手続) 第四十四条  何人も、調査士又は調査士法人にこの法律又はこの法律に基づく命令に違反する事実があると思料するときは、当該調査士又は当該調査士法人の事務所の所在地を管轄する法務局又は地方法務局の長に対し、当該事実を通知し、…

詳細を見る

土地家屋調査士法(懲戒、43条)【穴埋め問題】

097

(調査士法人に対する懲戒) 第四十三条  調査士法人がこの法律又はこの法律に基づく命令に違反したときは、その主たる事務所の所在地を管轄する法務局又は地方法務局の長は、当該調査士法人に対し、次に掲げる処分をすることができる。 一  戒…

詳細を見る

土地家屋調査士法(懲戒、42条)【穴埋め問題】

073

(調査士に対する懲戒) 第四十二条   調査士がこの法律又はこの法律に基づく命令に違反したときは、その事務所の所在地を管轄する法務局又は地方法務局の長は、当該調査士に対し、次に掲げる処分をすることができる。 一  戒告 二  二…

詳細を見る

土地家屋調査士法(調査士法人、40条~41条)【穴埋め問題】

107

(合併) 第四十条  調査士法人は、総社員の同意があるときは、他の調査士法人と合併することができる。 2  合併は、合併後存続する調査士法人又は合併により設立する調査士法人が、その主たる事務所の所在地において登記することによって、そ…

詳細を見る

土地家屋調査士法(調査士法人、39条の2~39条の4)【穴埋め問題】

086

(裁判所による監督) 第三十九条の二  調査士法人の解散及び清算は、裁判所の監督に属する。 2  裁判所は、職権で、いつでも前項の監督に必要な検査をすることができる。 3  調査士法人の解散及び清算を監督する裁判所は、法務大臣に対…

詳細を見る

土地家屋調査士法(調査士法人、39条)【穴埋め問題】

099

(解散) 第三十九条  調査士法人は、次に掲げる理由によって解散する。 一  定款に定める理由の発生 二  総社員の同意 三  他の調査士法人との合併 四  破産手続開始の決定 五  解散を命ずる裁判 六  第四十三条第一…

詳細を見る

土地家屋調査士法(調査士法人、38条)【穴埋め問題】

021

(法定脱退) 第三十八条  調査士法人の社員は、次に掲げる理由によって脱退する。 一  調査士の登録の取消し 二  定款に定める理由の発生 三  総社員の同意 四  第二十八条第二項各号のいずれかに該当することとなったこと。 …

詳細を見る

土地家屋調査士法(調査士法人、37条)【穴埋め問題】

121

(社員の競業の禁止) 第三十七条  調査士法人の社員は、自己若しくは第三者のためにその調査士法人の業務の範囲に属する業務を行い、又は他の調査士法人の社員となってはならない。 2  調査士法人の社員が前項の規定に違反して自己又は第三者…

詳細を見る

土地家屋調査士法(調査士法人、36条の3)【穴埋め問題】

114

(特定の事件についての業務の制限) 第三十六条の三  調査士法人は、次に掲げる事件については、筆界特定手続代理関係業務を行ってはならない。ただし、第三号に掲げる事件については、受任している事件の依頼者が同意した場合は、この限りでない。…

詳細を見る

土地家屋調査士法(調査士法人、36条)【穴埋め問題】

127

(社員の常駐) 第三十六条  調査士法人は、その事務所に、当該事務所の所在地を管轄する法務局又は地方法務局の管轄区域内に設立された調査士会の会員である社員を常駐させなければならない。問題  解答  逆暗記よく問わ…

詳細を見る